2007年04月13日

カート・ボネガットのご冥福を祈ります

カート・ボネガットが亡くなった。

中学生の頃私の周囲に居た、上の世代の人たちから、読むようにすすめられたのは、ハインラインの異星の客、沼正三の家畜人ヤプー(中学生にこんな物すすめるなっ!!ていうの)。
そして、ボネガットのスローターハウス5でした、おかげでとても屈折して歪んだ大人になってしまいました。

カート・ボネガットのご冥福を祈ります。

posted by 秘密組合員 at 23:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

徴兵制のようなものか?

経済誌などで、人手不足が始まっていると言う。知人や取引先に聞いた話でも、アルバイトの募集にかなり苦労しているらしい。

最近まで、ニートだフリーターだと散々バッシングしていたから、今更という気がする。

日本の産業を現在支えているのは、低賃金労働者だし、産業界は低賃金労働者を必要としている。

なら今後どうする。

外国人労働者は諸外国の先例をみれば、やめた方がいいだろう。日本は米国のような移民国家ではない。

などと言う話を、某居酒屋で友人としていた恐らくはその店もバイトの確保に苦労しているのだろう、注文したものがなかなか来ない。

ここから先はその席ででた、ヨタ話だ。
日本国の国籍を有する者には、生涯に2年ないし3年の低賃金労働を義務づける、かつての徴兵制のようにだ。
公務員ならこの義務を終えていなければ、職員てして採用されない。大企業でも社員が途中で2・3年抜けられては業務に支障をきたすから義務終了者でなければ正規雇用しない。

日本の社会がある意味で変わるな、いい意味か悪い意味か予想はできないが。




posted by 秘密組合員 at 01:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

とりあえず彼には「火の鳥」の購読を勧めてみたら

ホリエモンに実刑判決が下ったということで、このことについては、なんらかの評価をする人物が多いから私が何かいうこともないだろう。

私として注目したいのは、彼が不老長寿に関心がありそれに関するビジネスにも興味を示しているということだ。そういえばかれは自分は死なないと思っている、と言ってみたり、宇宙ビジネスに関心をしめしたりしている。

しかし、その反面かれは幼少時より過剰に死を恐れていたらしい。

老・病・死は全人類に対し平等に与えられた課題のようなものだが、我々は普段、仕事だ学業だ恋愛だといってこのことについてはあまり深く考えないようにしている。これは考えるのは、哲学者・文学者・宗教人の仕事だ。

確かに、そうでもしないとやっていられないが、自分が健康を害したり毛髪の具合なんかから老・病・死について考えたりもすることもある。

高校の古文で習った短歌で、だれの作かは忘れてしまったが、桜の花が一せいに散る夢を見ると胸苦しくなる、と詠んだ短歌があったと思う。古文の教師はお前等が30越えたらこの歌が分かるよといっていたが、確かにその通りだ。

ホリエモンの行動が死への恐怖の克服を意図しているとしたら、このことから彼に迫ったほうが彼の核心が見えるのではないだろうか。



posted by 秘密組合員 at 00:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

孫子曰く

油断していると、いずれ日本もこうなってしまうかも。

暗いニュースリンクによると米国では、医療保険に加入できない人々が国境を越えカナダの福祉に頼っている状態だという。イラク戦争の長期化により、戦費調達のため、医療関係の予算削減となり、事態をさらに悪化させているらしい。孫子のいう通り、長期戦は国家にとっていいことは無い。

先進国の医療が、こんな状態でいいのか。

posted by 秘密組合員 at 02:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

好景気、異世界の話だろ、たぶん

好景気らしい、しかし実感している人物は私の回りには居ない。

私の在籍している零細企業は対前年比はここ数年低下するばかりで、ついに経営再建計画が噂されている。

そんな訳で、転職サイトをみてみたが、酒でも呑まなければねられん程に落ち込んだ。





posted by 秘密組合員 at 00:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

こっちのほうがすごい

最近、川内康範さんの姿をテレビでよくみる、まだまだお元気なようだ。

川内さんはこんな歌も作詞している。すごいインパクトだ。
posted by 秘密組合員 at 02:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

いつまでも東京でメシが食いたい

東京湾の埋立地、豊州の大型ショピングモールに出店している某流通企業に勤務する知人によると、売り上げ的にはかなり苦戦しているそうだ。一度そこへ行った事があるが、はっきり言って不便な場所である。

その豊州へ築地市場を移転する計画がある、しかしそこは基準値をとんでもない数字で上回る有害物質が検出されている。もしそこに築地市場が移転したら、将来的に東京ではメシを食いたくないなあ。

東京の皆さんには、オリンピック中止、築地市場移転中止する人を知事に選んで欲しい。
posted by 秘密組合員 at 00:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

読書 リバタリアン宣言

リバタリアン宣言 著:蔵研也 朝日新書

身銭で買うのも癪だから、立ち読み。

所謂、資本主義的無政府主義のすすめ。私としては、微妙なものを供された、阿藤快のような感想しか出てこない。ブックオフの100円コーナーに並ぶようになったら購入して、細かく難癖つけてみよう。
posted by 秘密組合員 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

人材難

柳沢厚生労働大臣の舌禍事件は、煮詰まってきた感じだ。

もし、若い女性の出産を奨励したいのなら、この爺さんは引っ込めてもっとましな人物を出してきたほうがいいと思うぞ。
posted by 秘密組合員 at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

これも格差かな(品格の)

現役閣僚の対象的な発言は面白かった。

米国に対し「偉そうなことは言わないでくれ」と文句をつける久間防衛大臣。

「女性は、子どもを生む機械」と言い放った柳沢厚生労働大臣。

久間防衛大臣はいずれは外務大臣に就いて欲しいな。

柳沢氏はすぐに大臣だけでなく衆院議員も辞めてほしい、そう言えばこの人物はホワイトカラー・エグゼンプションの法案提出にご熱心だったし。
posted by 秘密組合員 at 04:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。