2009年01月23日

判っていたことだが

ブッシュ政権に終わりの日が来た。

去年の米国大統領選挙の結果に関係無くこの日が来るのは判っていたが、世界の空気が少しは軽くなったような気がする。
posted by 秘密組合員 at 23:20| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

誰か質問してくれ

田母神前航空幕僚長に、カーチス・ルメイ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%81%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%82%A4
についてどう思っているか誰か聞いて欲しい。
posted by 秘密組合員 at 22:02| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

そうとうイライラしていたのだろう

ブッシュ大統領の愛犬がCNN記者に噛み付いたらしい。
http://cnn.co.jp/usa/CNN200811070030.html

かなりイライラしていたんだろうな。
posted by 秘密組合員 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

煬帝に非ずカインの末裔である

米国の大統領選挙はオバマ氏の勝利に終わった。敗北したのはブッシュ大統領ではないのだが、各国大手メディアはこの結果をブッシュ氏の敗北として歓迎しているかのようだ、プラウダなんかは「8年間に及ぶ地獄が終わった」だもの、まるでブッシュ大統領は隋の煬帝の様な扱いだ。

最近公開されたオリーバー・ストーンの映画「w」は、ジョージ・W・ブッシュ氏を取り上げた映画だが、予想に反した内容らしい町山智浩さんによると、
http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20081021
エデンの東をブッシュ氏で演じた、そんな感じらしいのだ。

ブッシュ氏は煬帝でななく、カインの末裔である、そうゆうことらしい。
posted by 秘密組合員 at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

ザ・デイ・アフター 新自由主義

今週号の「週間金曜日」、佐藤優の記事「ファシズムに対する防波堤を」を立ち読み、以下記憶のみで記述。

新自由主義崩壊後、国家の取る道は保守主義、社会民主主義、それにファシズムになる、ファシズムだけは絶対避けなければならない。こんなところかな。

民主党は推して知るべしとしても、自民党はイギリス保守党と同様、正統保守主義に戻るべきなのだろう。もし次の選挙で下野したら、竹中某やら宮内何某みたいな、いずれは国策捜査・逮捕の対象になるような人物とは縁を切って、新自由主義とは決別するようになるのかな。
posted by 秘密組合員 at 22:53| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

続続堕落論

世界を被っていた経済システムが崩壊していく。

坂口安吾が終戦時に感じていたカタルシスは、このような物だったのだろうか。
posted by 秘密組合員 at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

予想されていたけど

私が生きている間に世界恐慌を体験できるとは・・・。
posted by 秘密組合員 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

小泉元総理議員引退表明

1979年にマーガレット・サッチャー女史が英国首相に就任して以来、世界を暴れまわった新自由主義が終焉を迎えたと言う事なのだろうか。

このような大局を読む事については、天才的な人だけに何か感じる事があったのだろうか。
posted by 秘密組合員 at 04:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

まだまだ序の口らしい

リーマン・ブラザース破綻、AIU経営危機も何とか小康状態。しかし、これは終わりの始まりにしか過ぎないと言われている。

長銀、拓銀、山一證券が次々に破綻していった10年前をスケールアップしてもう一度見せられているような気がする。日本の失敗に学んだはずじゃなかったのかな、米国は。

それにしても、最近テレビで視る金子勝教授や森永卓朗センセイがやたら元気なのに対し、竹中平蔵氏はどことなく涙目なのは気のせいかな。

posted by 秘密組合員 at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

ブラック・フライデー以上かも

リーマン・ブラザース経営破綻、メリルリンチをバンクオブアメリカが買収。これってかなり大変な事態じゃないのかな。

幸か不幸か日本は祝日のため、その衝撃波を受けなかったが、ヨーロッパ、米国を経て16日にもそれがやってくる。

金融・証券へ勤務する人は、連休明けの16日朝「会社いきたくねーな」なんて思いながら出勤するんだろううな。
posted by 秘密組合員 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

深海のトリトン

友人が貸してくれた、「深海のYrr」を最初は熟読、中盤以降は斜め読みにて一ヶ月ほどかけて読了。この手の本は短時間で一気に読んでこそ面白いので、夏休み(もし取れたら)にもう一度挑戦しようか。

中身は映画の「アビス」+「コンタクト」+「惑星ソラリス」と言ったところか。

「第四氷河期」も再読しようかな、それから富野版「海のトリトン」も見てみようかな。
posted by 秘密組合員 at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

いまさら胡散臭いだよね

最近、エコやらCO2削減なんてのがやたら鼻に付く。エコという大義さえ唱えていれば、全てが許される、なんてのは勘弁願いたい。

サマータイム導入なのコンビニ深夜営業規正なんかより、テレビのアナログ放送終了を無期限延期したほうが、よほど地球環境に対する配慮だと思うが。このままアナログ放送を強制的に終了したら、約6000万台のテレビ受像機がゴミになると言うからね。
posted by 秘密組合員 at 01:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月31日

おい地獄さ行くだんで!

まさか蟹工船が、再評価されているとは。

わたしがよく利用する書店3店ほどでも、蟹工船が文庫本新刊書コーナーで平積されている。

嫌な仕事に行く時は、「おい地獄さ行くだんで!」と言って周囲の反応をさぐってみようか、ボンクラぞろいの同僚のなかになんらかの反応をみせる奴がいたら、このブームもちょっと面白い事になるかも。
posted by 秘密組合員 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

須原一秀さんの新刊

なにか面白い物がないかとamazonを見ていたら、須原一秀さんの新刊があったのだが、須原さんは2年前の4月に自死していた。

「超越錯覚」「高学歴男性におくる、弱腰矯正読本」「現代の全体をとらえる一番大きくて簡単な枠組」と寡作だが、中身の濃い本を著していて、私も愛読していた。その新刊はタイトルが「自死という生き方」。この本の原稿を仕上げた後、自死を実行したということだ。

とにかくこの新刊を読んでみることにする。ただ、須原さん自死のこの衝撃は、現時点ではとても言語化できない。
posted by 秘密組合員 at 04:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

現在のてえへんだ野郎たち

ロッキングオン社、唯一の赤字雑誌と言われているSight表紙が傑作。

読み応えがあったのが、内田樹先生のインタヴュー。自分以外の人物が真面目に社会を支えているから、自分が多少我儘に振舞っても大丈夫と歪んだ楽観論を持つクレーマーが息苦しい世の中にしている。

今のところ、メディアはアンチクレーマーキャンペーンを展開しているが、少し前まで彼らを煽っていたのは、そのメディアだという事は絶対に忘れない。
posted by 秘密組合員 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

2時間あったら

故郷で揉め事があり、金曜日の夜または土曜日の早朝、東京駅より新幹線にのって2時間の故郷へ。土曜日曜にあちこち駆け回り、日曜日の夜に帰ってくる、2月3月はそんな感じでブログを更新する気力もありませんでした。

2時間新幹線に乗っている間中携帯メールを打ちっぱなしの人を、老若男女幾人かよく見かけた。2時間あれば、カミュの異邦人が読めるぜ。携帯メールが人間関係をより鬱陶しいものにしている感じがするが。最近書店で並んで平積みしてある「友だち地獄」ちくま新書、「友だち幻想」ちくまプリマー新書を読んでそんなこと考えた。
posted by 秘密組合員 at 23:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

もしかするとリアルタイムで・・・・

ニクソンショックと2度の石油危機、そしてバブル崩壊をすべて経験した同僚である大先輩は、昨年の年末から続く不安定な状態はかなり危険なのではないかとおっしゃる。

あとで考えると、今が何か重要な時期だった、という事になるのかな。
posted by 秘密組合員 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

あの人は今、ボブ・ウェルチ

旧友が引越しをするので、家の中を整理していたら私が大昔に貸していたレコードが出てきたから、今度返すと連絡があった。

それで、そのレコードはパリスの1stと2nd、それにボブ・ウェルチのフレンチキッスだ。パリスはボブ・ウェルチがフリートウッドマック脱退後に組んだバンドで、音はツェッペリンみたいで、当時は渋谷陽一が入れ込んでいた。

フリートウッドマックはボブ・ウェルチ脱退後に大ブレークするのだが、その基礎はボブ・ウェルチが作ったと言っていいだろう。

youtubeで映像を捜してみた。78年のカルフォルニア・ジャム2でのライブで曲はEbony Eyesがあった、タンバリンを叩いているお姉さんがフリートウッドマックのスティビー・ニックス、若いなあ。
posted by 秘密組合員 at 02:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

おそくなりましたが

おそくなりましたが、みな様、あけましておめでとうございます。

2008年は経済では、楽観的になれる要素は全く無いとのこと。恐らくくは政治の年になるのではないとのこと。

金さえだせば、レアメタルも食料も買えた時代は恐らくもう終わり、石油を含めて安全保障上の戦略物資として扱われるようになるだろう。今年は政治主導の時代の始まりになるのではないかとのこと。

それはそれで、ある意味面白いかもしれない。

posted by 秘密組合員 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月26日

休日出勤はいつものことですが

12月24日はいつもの様に休日出勤。自分の課では私のみで、他課の面子も休日によく見る顔ばかり。電話もほとんどかかってこないので、午前中で本日予定していた決済書類の作成は終了。

昼休み、会社近くの書店を物色。よく考えるとこれはまだ読んでいなかったなと思い、「イエスの生涯」遠藤周作著を購入。退社時間まで熟読した。
posted by 秘密組合員 at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。