2008年05月31日

おい地獄さ行くだんで!

まさか蟹工船が、再評価されているとは。

わたしがよく利用する書店3店ほどでも、蟹工船が文庫本新刊書コーナーで平積されている。

嫌な仕事に行く時は、「おい地獄さ行くだんで!」と言って周囲の反応をさぐってみようか、ボンクラぞろいの同僚のなかになんらかの反応をみせる奴がいたら、このブームもちょっと面白い事になるかも。
posted by 秘密組合員 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この話を最初に聞いた時、何かの「ネタ」かいなと思ったんだけど、確かに書店にコーナーが出来てますよね!
しかし正直「教科書に出てくるので名前だけ覚えている本」なんだけどなあ…。
Posted by donald at 2008年06月01日 16:03
donaldさま、コメントありがとうございます。

私も、プロレタリア文学と言う先入観で手を出していなかったのですが、読んでみると以外に面白い物でした。2・3時間で読める長さなので機会があったら、手に取って見るのもいいのではないかと思います。
Posted by 秘密組合員 at 2008年06月03日 03:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。