2008年04月12日

須原一秀さんの新刊

なにか面白い物がないかとamazonを見ていたら、須原一秀さんの新刊があったのだが、須原さんは2年前の4月に自死していた。

「超越錯覚」「高学歴男性におくる、弱腰矯正読本」「現代の全体をとらえる一番大きくて簡単な枠組」と寡作だが、中身の濃い本を著していて、私も愛読していた。その新刊はタイトルが「自死という生き方」。この本の原稿を仕上げた後、自死を実行したということだ。

とにかくこの新刊を読んでみることにする。ただ、須原さん自死のこの衝撃は、現時点ではとても言語化できない。
posted by 秘密組合員 at 04:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93065492

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。