2007年11月20日

またかよ・・・・

ツェッペリンがまたベスト盤を・・・・、あちこちから「またかよ・・・・」との声が聞こえてくる。

フィリップ翁もあれだが、ジミー爺さんもなだかなあ。
posted by 秘密組合員 at 02:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんちわ。
ブログ「SMALL TALK」にツェッペリン「永遠の詩」について濃い感想が書かれています。とりあえず読むことをおすすめ。
自分はといえば、ツェッペリンがハードロックの枠をはるかに超えた存在であることに同意したうえで、あれはかなり特殊イギリス的なバンドではないかとも感じております。
Posted by donald at 2007年11月29日 22:42
donaldさま、こんにちわ。

確かに、ツェッペリンとクリムゾンは別格、いずれロックというカテゴリーを越えた古典となるのではないかと思います。

「またかよ」と言いつつもCD・DVDを購入する人物は、自分を含めかなり多いかとも思います。
Posted by 秘密組合員 at 2007年11月30日 02:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/67697167

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。