2007年10月16日

殴られて嬉しいか

文系ヘタレの私にとって、しごき、イジメ、体罰の横行する体育会は人外魔境か地底獣国のごとき魔界、できるだけかかわりたくない世界である。

体罰肯定の根強い世論は確実にある、「くどくど説教されるより、一発殴られた方がいい」とか「あの時殴られたから、今日の自分がある」などという人物は貴方の近くにも恐らくいるだろう。

時津風部屋事件の余波で今の所は、体罰に対して否定的な世論だが、事件が風化すると上記のような声が多くなることは予想できる。

科学的なデーターや、医学や心理学にもとづく理論で彼らに反論するのは簡単だが、納得させるのは難しいだろう。では何故難しいのだろうか。

反撃を許されない状況で、一方的に暴力を受けるのは理不尽なことだし、その理不尽さをそのまま受け止められる人は少ない、体罰に関するセンチメンタルなフィクションは沢山あるから、それを利用しつつ彼らは体験加工する、体罰が暖かい思い出となるわけだ。

体罰を不愉快で理不尽な体験として受け止め、教師や父親に大昔の体罰について、いまだにあれは納得できないと抗議して、相手を戸惑わせている私の様な存在はあまりいないだろう。

かつてコリン・ウィルソンが、サルトル(皆さん憶えていますか)を引用して、ある種の犯罪者の心理を説明していた。事実を自分の感情で歪めて解釈するやりかたで、それを「魔術的思考」という、そして彼らはその感情や思考が間違えてている可能性は考えない。

体罰を肯定する世論の思考は案外これに近いのでは無いだろうか。私に言わせれば魔界の思考だ。

藤井誠二さんの「暴力の学校倒錯の街」は福岡県飯塚市で起きた体罰事件のルポだが、ここで体罰肯定の世論の愚昧さがレポートされている。

体罰、これも暴力の問題だ。





posted by 秘密組合員 at 00:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「教師や父親に大昔の体罰について、いまだにあれは納得できないと抗議」−

私は何人かそういう人を知っています。幸か不幸か私にはその経験(根に残る)は無いのですが、そういう人がいる限り体罰には反対です。これは性犯罪に近く、加害者は被害者のトラウマを永遠に分からないようで、その被害者にのみ輪廻するようです。暴力を避ける以外にそのような悪循環を切る方法はありませんね。
Posted by pfaelzerwein at 2007年10月16日 03:52
pfaelzerweinさま、こんにちは。

体罰やいじめは、身近ながらもテロや戦争につながる暴力の問題だと思います。

理不尽な体罰にいつまでも抗議し続ける人が一人でも多く存在するのは、とても心強いです。
Posted by 秘密組合員 at 2007年10月17日 00:35
私も、幼いころ、父親から理不尽な暴力を振るわれたことがトラウマとなっています。今でも親とは仲が悪く、私の人生は真っ暗です。
Posted by 哲郎 at 2008年03月06日 19:15
哲郎さま、コメントありがとうございます。

なんと言ったらいいのか、とても難しいのですが、貴方の父親にもいずれかは貴方に対して行った暴力を深く後悔する日が来るでしょう。

その時に父親に対してどの様な態度をとるかは、これもこれでとても難しいのですが。
Posted by 秘密組合員 at 2008年03月11日 21:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。