2007年09月13日

吉田VS岸、再び

最近の安倍総理は、気の毒に思えるほど憔悴していた。爺さんのふてぶてしさのDNAは、継がなかったようだ。確かに爺さんは吉田茂や石橋湛山がライバルだっただけに、図太かった。

その吉田茂の孫、麻生太郎は最近の言動や風貌が悪代官みたいで、B層には印象があまり良くないのではないだろうか。
posted by 秘密組合員 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

約束 (角川文庫 い 60-1)
Excerpt: もう立ち上がれないほどの悲しみに見舞われた時、深い絶望に心が凍りついた時『あぁもうダメだ』と思ったとき、私はきっとこの本の事を思い出すと思います。「避けられない悲しみの中にも、人は希望を見出す事が出来..
Weblog: りなのブログ
Tracked: 2007-10-11 12:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。