2007年08月01日

美味かった、苦かった

今週の日曜日の夜の酒は美味だったでしょうか、それとも苦かったでしょうか。

選挙速報はTVは画像のみ、音声はTBSラジオの特別番組を聞いた。和歌山で当選した世耕弘成氏が電話でのインタビューに答えていた。今回は自分の選挙区が手一位で、党全体の広報を仕切るどころではなかった、と言うより広報でどうにかできる様な状態ではなかったと言う。

民主党勝利で今後ことについて、その中の一つ農業について宮台真司さんはイスラエルの農業政策を例に出して民主党は安全保障問題として取り上げよと言う。現与党の政策は極端に言えば、いずれ国内では外貨の稼げるコシヒカリのみ生産し、一般国民向けには外米を輸入となってしまうかも知れない。農業、食料を安全保障の面から捉えるのも有りかと思う。

posted by 秘密組合員 at 23:47| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
pfaelzerwein さま、申し訳ありません。間違えてコメントを削除してしまいました。もしよろしければ、もう一度コメントお願いします。
Posted by 秘密組合員 at 2007年08月03日 00:41
大した内容ではなかったですが、「外貨の稼げるコシヒカリ」が気になりました。ネット情報によると中国で高額で売れたとかありました。しかし、Sクラスメルセデスが最も数出る市場で、それを測っても、そのような市場を本気で扱うことが出来るかです。

ダンピングするのか日本の米価を正常にするかしても、大きな市場があるとするのは誤りでしょう。ヒマラヤのブランド「バスマッティ」に勝てると思っている自画自賛振りが小沢党首や党の国際感覚ではないかと言う疑問です。

結局は、水稲の農業の市場破綻を早めるのではないかとするのが私見です。つまり、最終的には自給率が落ちる方へと加速される政策だと思われます。
Posted by pfaelzerwein at 2007年08月03日 02:54
pfaelzerweinさま、お手数をかけました。

小泉・安倍のネオリベ路線では、国内農家をふるいにかけ競争力のあるものだけを残すと言った感じでした。小沢党首の目指すのは、形を変えた保護主義かも知れないとも思います。

それに我が国にとって稲作は、常民、天皇の関係で柳田国男が苦労した問題でもありますし。
Posted by 秘密組合員 at 2007年08月03日 22:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49989267

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。