2008年10月17日

ザ・デイ・アフター 新自由主義

今週号の「週間金曜日」、佐藤優の記事「ファシズムに対する防波堤を」を立ち読み、以下記憶のみで記述。

新自由主義崩壊後、国家の取る道は保守主義、社会民主主義、それにファシズムになる、ファシズムだけは絶対避けなければならない。こんなところかな。

民主党は推して知るべしとしても、自民党はイギリス保守党と同様、正統保守主義に戻るべきなのだろう。もし次の選挙で下野したら、竹中某やら宮内何某みたいな、いずれは国策捜査・逮捕の対象になるような人物とは縁を切って、新自由主義とは決別するようになるのかな。
posted by 秘密組合員 at 22:53| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。