2008年01月11日

あの人は今、ボブ・ウェルチ

旧友が引越しをするので、家の中を整理していたら私が大昔に貸していたレコードが出てきたから、今度返すと連絡があった。

それで、そのレコードはパリスの1stと2nd、それにボブ・ウェルチのフレンチキッスだ。パリスはボブ・ウェルチがフリートウッドマック脱退後に組んだバンドで、音はツェッペリンみたいで、当時は渋谷陽一が入れ込んでいた。

フリートウッドマックはボブ・ウェルチ脱退後に大ブレークするのだが、その基礎はボブ・ウェルチが作ったと言っていいだろう。

youtubeで映像を捜してみた。78年のカルフォルニア・ジャム2でのライブで曲はEbony Eyesがあった、タンバリンを叩いているお姉さんがフリートウッドマックのスティビー・ニックス、若いなあ。
posted by 秘密組合員 at 02:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。