2007年05月22日

教育改革改革

「親学」が全く受けなかった教育再生会議だが、与党内からも突っ込みが入ったようだ。

一部の与党議員集まった所謂、裏・教育再生会議がなぜか岩波書店「世界」に論文を掲載している。

曰く、教育再生会議は「学力低下」は具体的データーの収集・分析もなしに、「基礎学力」はその定義の曖昧なまま、己の主観でやっている教育時事放談だと。

裏・教育再生会議は教育再生の為には、地道なデーターの収集・分析と実践の積み重ねが重要と言う。

裏・教育再生会議のほうがまとも。
posted by 秘密組合員 at 23:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

次はインド化計画

最近、メディアで「インドは凄い」のよう特集物が多いような気がするのだが、中国が行き詰まりつつあるから次はインドか?安直すぎないか。
posted by 秘密組合員 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

ニューロマンサー再び

ニューロマンサー:著)ウイリアム・ギブソン、もよりの古本屋にて\105で入手。

20年前に読んだ時は、何が書いてあるかさっぱり分からなかった、それでも読んだ事にしておいて、サイバーパンクマニアを自称する友人とこの本について話りあった。

今、読み返すと随分誤読していることが分かる。奴もそれを指摘しなかった所をみると、読んでいなかったのか、読んでも訳が分からなかったのかどちらかだ。
posted by 秘密組合員 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

消極的に護憲改憲

昨日(5月3日)は憲法記念日な訳だが、私の日本国憲法に対する立ち位置は、消極的護憲であり消極的改憲である。

いずれは改憲しなければならないだろうが急ぐ必要は無い、そんなところだ。

2005年の郵政選挙を思い返せば、我が国の今の民度での改憲は
再び高い授業料を支払う破目になるかもしれない。

嫌な予感としては、現状で改憲が行われるとしたら、広告代理店が先頭になって、動物化した消費者を対象として行われかもしれない、それは勘弁してほしい。
posted by 秘密組合員 at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。